06外国人はお金を借りれるか?

日本に住んでいる外国人が消費者金融などのキャッシング業者や銀行などでお金を借りることができるかどうかについて、今回はお伝え致します。

 

外国人の借入についてですが、日本人じゃないからといって特別な審査が必要だったりすることはほとんどありません。よくCMを流しているような大手キャッシング会社の場合でもそれは同じです。外国人であっても日本人であってもあくまで個人の『信用』について審査されます。

 

ただ、本人確認書類については外国人が融資を受けようとする際に日本人とは違う確認書類が必要となります。
それが『外国人登録証明書』です。どうして外国人登録証明書が必要になるかというと、不法滞在者や滞在期限をあと少しで過ぎてしまうような外国人に対して融資をおこなってしまい、キャッシングの返済をしないまま母国へ帰ってしまわれることを未然に防ぐため、という意味合いがあります。
ですから、もし持っているのであれば永久査証をキャッシング業者に提出するのが良いかもしれません。
『私は日本に永久的に滞在できます』
という無言の証明書になるためです。

 

また、外国人が融資を受ける際にチェックされる審査項目ですが、きちんと定期的な収入を確保できるあてがあるかどうかはもちろん、

  1. ・日本語に対する理解
  2. ・日本にどれくらいの期間いるか

というのが審査項目の中に入っていることが多いです。
日本語を話したり読めたりするかは賃借契約を結ぶ上で必要となります。日本語を理解できないのであれば賃借契約を結ぶことは非常に困難です。
日本の滞在期間については、不法滞在中に融資を受けることを阻止するために必要な審査項目です。
ちなみに、短期滞在の外国人の場合は連絡が不通となってしまった時に住民票がないため追跡するのが不可能になってしまうため融資するのを躊躇するキャッシング業者もあるようです。

 

http://xn--nckgu1cyjxdw750a4egr19aba.net/sokuzitu.html